FAデータストレージサービスblog

FAデータストレージサービスは、M2Mで産業用設備からの自動データ収集を実現し、効率的な保守対応を可能にするクラウドサービスです。

サイボウズパートナーミーティングに参加・出展

 2014年4月21日(月)、東京ドームホテルで開催された「サイボウズパートナーミーティング2014春」に参加してきました。このイベントは、製品のロードマップ・販売動向や事例・販売施策の紹介等ホットで嬉しい情報は勿論、サイボウズさんとパートナー企業間でクラウドビジネスの拡大に向けたビジョンを共有する場として年に2回(春・秋)開催されています。(http://biz.bcnranking.jp/article/special/1404/140417_136273.html

 

 当日はパートナー企業からの参加者約300人と、会場は文字通り相当な熱気に包まれていました(ここ最近は100人単位?で増えているような)。その中で今回は当社も「M2M2H連携ソリューション」というテーマでFAデータストレージサービスとkintoneの連携事例を展示スペースで紹介させて頂きました(M2M2Hは「Machine to machine to human」の略です)。

f:id:fadss:20140424112741j:plain

 (当社ブースは入って正面の良い場所に頂きました)

 

 また、青野社長のセッションの中でもM2M2Hの事例を動画と共にご紹介頂きました。

f:id:fadss:20140424113316j:plain

 (動画は福岡まで撮影に来て頂きました)

 

 初めての出展でしたが、当社のブースにも多くの方にお立ち寄り頂きました。様々なご意見・ご質問を頂き、M2Mやkintoneとの連携についても興味をもってもらっていることを実感出来ました。更に、既に案件をお持ちのパートナーさんとの出会いもあり、(植木がムービーの中で言っていますが)これまで九州に閉じていた当社のビジネスを全国に広く展開していける可能性を感じさせてもらえました。関係者の皆さま、ご来場頂いた皆さまにこの場を借りてお礼申し上げます。

 

【おまけ】

 2014年4月10日(木)にcybozu.com developer networkがkintoneディベロッパー向けの公式コミュニティサイトとして開設されました。メンバー登録すると、開発者ライセンスも無償で利用できます。Tipsやコミュニティを通じて開発者同士の交流もできるようになっています。

 このコミュニティの活性化のために先陣をきる「kintoneエバンジェリスト」と呼ばれる人達が日本全国に十数名いるのですが、そのうちの一人が当社内にもいます。パートナーミーティングの各セッションでチョイチョイ登場していました。本人は「営業なので・・・」と珍しく弱気ですが、今後の働きに期待したいところです。

 

f:id:fadss:20140424160618j:plain

サイボウズの札辻システムコンサルティング本部長のセッションより) 

 


Copyright (C) Nishimu Electronics Industries Co.,Ltd. All rights reserved.