FAデータストレージサービスblog

FAデータストレージサービスは、M2Mで産業用設備からの自動データ収集を実現し、効率的な保守対応を可能にするクラウドサービスです。

M2MのためのR言語(kintone連携編)

数年前に比べると、M2Mを実現するためのセンサー類もラインナップが充実し、低価格化が進んできました。”まだまだ実践にはどうか?”と思われそうな(おもちゃのような?)センサーが多いのも事実ですが、ちょっと試すには試しやすくなってきました。

 

今回は当社の社員がサイボウズkintoneR言語でM2Mを簡単に試せるサンプルパッケージ(非業務用、つまり趣味)を公開しましたので、ご紹介したいと思います。対応センサーの種類も今後増やしていってくれることを期待しています。

 

https://github.com/yamaryu0508/r-kintone/tree/master/examples/M2M2H

 

f:id:fadss:20140322214420p:plain

 

Rは本来統計・分析の用途で使われますが、パッケージ・ライブラリが充実していますし、M2Mを含めた様々な用途・分野で使えるのではないかと思います(と、本人談)。


Copyright (C) Nishimu Electronics Industries Co.,Ltd. All rights reserved.